工務店の正体!知られざる住宅施工の実力に迫る

工務店はどんなところでしょう?

工務店は、住宅建築の依頼を受けつけてくれる業者の一つです。しかし、そのイメージは人によってまちまちです。では、一般の人は工務店に対してどんなイメージを抱いているのか見てみましょう。

工務店ってこんなイメージを抱いていませんか?

  • 頑固オヤジがやっていそう
  • 昔気質の大工さん
  • 家造りの職人が集まっている
  • わがままを叶えてくれそう
  • 地域に根付いている
  • 他の業者と違うアイディアを出しそう
  • 安くしてくれそう

工務店の正体!知られざる住宅施工の実力に迫る

家

工務店はどれくらいの数あるのか?

工務店の数は、17万社ほど。種類も多種多様で、一人の職人からウン万人の社員を抱える会社など色々存在します。それに、工務店と名乗っていても、専門分野はそれぞれ異なります。例えば、家の小さな傷や破損の手直し程度の依頼を受けるところ。あるいは、ビルの建築を手がけるところなど。福岡などで、工務店に住宅建築を依頼するなら専門分野は何か調べてから相談しましょう。

工務店は年間工数が多い!

一見、年間の住宅建築棟数はハウスメーカーが多い印象を抱きます。広告を大々的に行っているし、身近に施工依頼をした人がいるなど、多く感じる要因はあります。実は、ハウスメーカーの場合、年間の住宅施工数は1から9棟を手がけた会社が80%ほど。10から99棟までが10%ほど。100棟以上が2%ほどで、合計しても100%になりません。工務店の場合、1社だけで見れば施工件数は少なめで目立ちにくいですが、トータルで見ると、全国で建っている住宅の大半が工務店製。トータルで見ると、住宅建築件数は工務店がトップクラスなのです。

その土地にあった住宅にしてくれるかがカギ!

土地には、その場所特有のクセが存在します。その観点から、注文住宅施工は工務店に依頼するのが賢い選択肢です。長い目で見て、維持しやすく住み心地が良いと感じられる住宅を手に入れるためには、福岡などにある工務店に相談しましょう。

安心して依頼できる簡単工務店見極め3ポイント

no.1

企業として安定している

理想の住宅を建てるためには、工務店は企業として安定しているかが重要です。満足いく住宅を購入できても、その後財務状態の悪化で倒産されては、住宅保証が受けられなくなります。長期的に営業できそうな工務店を見つけるには、各都道府県庁の窓口で建設業許可証類の決算書をチェックしましょう。

no.2

HPのデザインセンス

工務店の実力とHPのデザイン性は、意外と結びつきがあります。実力があるところほど、HPの作りはしっかりしているしセンスも良いです。それに、SEO対策も行っているところなら、今の時代に合わせているため長く営業していける可能性が高めです。HPの見極めは、工務店の良し悪しを決める良いパロメーターとなります。

no.3

長く付き合えるか見極める

住宅施工は、造って引き渡し終わりではありません。施工業者と長いおつきあいが大切です。長く付き合える工務店を見つけるには、依頼引き受けから完工まで一貫施工体制を採用しているところがおすすめ。また、施工現場から近い工務店なら、移動費用も少なくて済みますし、管理やメンテナンスを責任を持って対応してくれます。

広告募集中