注文住宅購入時に取り入れたいローコスト化テクニック

ローコストで注文住宅を購入するコツ

注文住宅は、土地取得費用も含めるため、高額な費用がかかります。理想の住まいを手に入れやすくても、ローン返済で苦労する可能性も。ローコスト住宅にするために、何を工夫すれば良いのかを見てみましょう。

注文住宅購入は土地選びから! 重視すべきはどっち?

予算を重視

リーズナブルな土地には、あらゆるメリットがもたらされます。まず、無理なローンを組まずに済むこと。ローンの返済負担を減らせる上、子供の教育費用に影響を与えずに済む・老後の資金を蓄えやすくなるといった旨味もあります。そのかわり、生活の利便性は場所によっては不自由になる場合も。

生活の利便性を重視

多少土地価格は高くなります。そのかわり、商業施設・駅・学校などから近いと住宅完成後の生活にストレスを感じにくいです。毎日の生活に余裕を持ちやすくなります。その利便性は、高齢で体が不自由になったときのことを考えると、何かと便利です。

注文住宅購入時に取り入れたいローコスト化テクニック

部屋

注文住宅でおおよその建築費を把握

千葉などで注文住宅を購入する場合、建物と土地の取得費用を含めて考えるのが必須。あくまで一例ですが、土地取得費用が1,500万円程だとしたら、建物の費用は1,500万円前後はかかります。トータル、3,000万円程かかりローン返済では35年で組んだ場合、月々8万円前後の支払いになります。ローコスト住宅にして月々の支払い負担を減らすために、設計で工夫しましょう。

間取りは同じ形にすべし!

間取りは、1Fと2Fとも同じ大きさの正方形に近い形状にすると良いです。同じ形状にすれば、建築施工のコストダウンも見込めるので、費用を最小限に抑えられます。逆に、住宅のどこかを出っぱらせてしまうと、複雑な施工が必要となるので費用がかさんでしまいますので、なるべく避けましょう。

メーカー標準装備を積極利用

使用素材をいろいろを選ぶと、仕入れの時点で値段が上がってしまいます。使用素材装備品なら、まとまった数で仕入れられるので住宅購入のコストダウンを図れます。しかし、すべてメーカー標準装備品で固める必要はありません。壁内といった、目に見えない部分をメーカー標準装備品で固めるのもアリです。

注文時に付け加えるべき! ローコスト住宅化テクニック

造り付けの家具は既製品で!

注文住宅のコストをかさむ原因としてあげられるのが、造り付け家具の設置です。コストを最小限に抑えるには、既製品の造り付け家具を使用すると良いでしょう。

設備は1箇所に集中

住宅の設備は、極力1箇所にまとめた方が良いです。水回りや電気設備などバラバラ設置するよりは、1箇所にまとめておくと施工にかかる費用を抑えられます。その節約効果は、10万円程。水回りや電気設備といったライフラインはどこに設置すれば利便性が高まるのかじっくり検討しましょう。

ロフトを作って収納スペース確保!

収納スペースを多めに作りたいなら、ロフト設置がおすすめです。ロフトは収納スペースとして役立つため、無駄に収納スペースを設計図内に追加せずに済みます。設計図段階で、高さに余裕があるとわかった時点で、ロフト設置してみてはいかがでしょうか。

広告募集中