分譲住宅ライフも選び方次第で健康的な生活に!

分譲住宅は、最初から住宅の形状・デザインが決まっています。しかし、それぞれコンセプトや使用素材が分譲住宅によって異なります。そこで、健康的な生活をおくるには分譲住宅の何に注目すれば良いのか見てみましょう。これを知っておけば、大阪狭山市でも健康的な毎日をおくれる家を見つけられます。

健康的に過ごせる分譲住宅を発見!見極めポイント5選

no.1

生活動線を自在に変更できる家

住宅購入の際、気にすべきが生活動線。これを考慮して分譲住宅を探さなければ、生活の中で小さなストレスが生じます。特に、子供がいる家庭なら家の間取りと生活動線にこだわるべきです。いずれは、子供部屋が必要になる、将来独立するなどを考慮すれば、その家に住む人はストレスを感じにくくなります。

no.2

高断熱・高気密の家

冬場は、ヒートショックを最も警戒すべきこと。家によっては、トイレ・浴室で感じる急激な温度変化によって血圧の急上昇を起こします。それにより、心筋梗塞・脳卒中にかかってしまう人も。部屋ごとの温度変化で体調を崩さないためには、高断熱素材を取り入れている、また高気密に作られている住宅か確認しましょう。

no.3

閑静な環境の住宅

人の平均的な睡眠時間は、7.5時間程です。快適な睡眠ができてこそ健康的な日々をおくれます。体調を崩さず、仕事・勉強などで高いパフォーマンスを発揮したいなら、完成な環境にある分譲住宅にすべきです。喧騒さで満足に睡眠が取れず、ストレスを蓄積させないために、閑静さは暮らしの上ではかかせません。

no.4

換気が充実している家

シックハウス対策も大切ですが、毎日家の中で空気を吸う以上、よどみのないきれいな空気が良いですね。分譲住宅によっては、空気をきれいにする技術を導入しているところもあります。きれいな空気を室内に供給する住宅にすれば、健康的な生活も夢でなくなります。

no.5

人と繋がりやすい家

コミュニケーションを大事にしているなら、近所づきあいがしやすい分譲住宅を選んでみてはいかがでしょうか。近所との繋がりを大事にすれば、地域のコミュニティーに入りやすい、子育てなどに関するお悩み相談もできるなど、人間関係にまつわるストレスを緩和できます。

分譲住宅の選び方次第で実現!健康的な毎日をおくるために

健康的な毎日をおくるためには、分譲住宅の見極めも重要です。無垢な建材を使用しているから、生活でストレスを感じにくくなるとは限りません。住宅の素材だけでなく、住宅の周辺や将来的なビジョンを反映しやすいかで、健康的な日々が実現できる家を見つけられます。

購入前に要チェック!住み良い健康住宅を手に入れる知識

健康住宅とはどんな住宅?

健康住宅とは、名前通りの住宅です。住む人が健康的に過ごせるよう考慮して造られています。冬暖かく夏は涼しく、家の中が湿っぽくなりにくいなど、生活する上で感じるストレス要因を減らした住宅がそれに当てはまります。

住むと健康になれる

自然素材を使用・高断熱高気密に造られた住宅なら、シックハウス症候群・アレルギー症状に陥るリスクが減らせます。また、どの部屋も一定の温度に保ちやすいため、温度変化による体調不良に陥りにくくなります。住宅は、1日の半分は過ごすところ。体に配慮された素材・造りにすれば安全かつ快適に過ごせます。

使用素材の特性を把握!

天然無垢の素材でマイホームを建てるなら、使用素材にこだわりるべきです。特に、人目に触れやすい箇所にはこだわりたいもの。無垢な素材は、国産と外国産ありますし、木の種類によって耐朽性の高さや腐食のしにくさ、害虫被害の少なさが異なります。

長く住み続けられるかも重要視

健康にこだわるのも大切ですが、長く住み続けるには住宅の耐朽性・耐震性も考慮しましょう。地域によって、気候の特徴が異なるので住宅を長持ちさせるためにも、気候に適した無垢材を使用して住宅を建ててくれるかが業者探しのポイントです。

住む地域内で建設できるか確認!

ネットなどで居住地域内に健康住宅建築が可能な業者がいるかの確認が必須です。アレルギーを引き起こさない素材を使用・安全に配慮している住宅工法を採用しているか公式HPやパンフレットで確認してください。また、分譲住宅・注文住宅の建築実績を確認もお忘れなく。大阪狭山市などで、地域内の気候に適した健康住宅を失敗せず購入するために、業者情報収集は欠かさず行いましょう。

健康住宅を建てるポイントをチェックしよう

女性

自然素材イコール健康住宅ではない! 

一般的に見ると、自然素材をたくさん用いり化学的な要素を含む新建材の使用量を減らした住宅が健康住宅だと思われがちです。単純に、自然素材を用いれば健康住宅の完成というわけではありません。臭気・アレルゲン・室内二酸化炭素濃度・温度・湿度と、幅広い対策を施してこそ初めて健康住宅と呼ばれます。

体温のことを考慮した家も健康住宅!

低体温と病気の相関関係は、極めて高めです。体温を高くすれば、万病の予防にもつながる東洋医学の発想が存在するから。体温が高める造りの家なら、自律神経を整えられる上、免疫力を高めることに繋がります。季節家電による不自然な温度変化に極力頼らず、高断熱素材・調湿建材を住宅に用いれば、太陽光・風を活かして年中快適に過ごせるのも健康住宅の必須条件です。

バリアフリーの度合い

体が不自由な人でも過ごしやすいよう、バリアフリーを取り入れるという選択肢もあります。しかし、健康住宅を目指す以上、バリアフリー設計を過度に取り入れるのも考えものです。確かに、バリアフリーは体が不自由な人の転倒率は減らせますが、かえって足腰を弱体化させる恐れも。足腰を弱体化させないためには、バリアフリーを取り入れるべき箇所に絞るなど制限を設けるのも有効です。

業者選びが要となる!

実は、業者によってお客様の要望を設計図に反映しても、資材の問題で依頼を断るところもあります。あるいは、すでに建てている分譲住宅・建売住宅を注文住宅と偽って紹介する業者も存在します。そのため、健康住宅を建てるには、実績のある工務店・建築事務所・ハウスメーカーを見つけ出すのが先決です。

購入者に直撃!健康住宅での生活について

30代前半 男性

ただ、健康に過ごせるだけじゃなく、光熱費も抑えられるんですね。おかげで、年間の光熱費が節約できました。高断熱高気密にしてくれたおかげか、季節家電を使わなくても夏は涼しいし冬は暖かく過ごせるので、だいぶ助かっています。

30代半ば 女性

単純に、使用木材が無垢のものが健康住宅だと思っていました。しかし、住んでみてすっかりそのイメージが変わりました。本当に、年中快適に過ごせますし、温度変化が激しい浴室やトイレも他の部屋と同じ温度なので、「早く出たい」と思ったことは一度もありません。

50代前半 女性

珪藻土の壁にしたおかげで、家の中が湿っぽくないのが嬉しいです。それに、梅雨の時期に洗濯物を部屋干ししたら早く乾くから、衣類乾燥機いらずです。健康的に過ごせる上、光熱費削減や家事にも役立っています。

40代半ば 男性

もう少し早く健康住宅にすれば良かったなと後悔しました。年中快適に過ごせますし、借家時代と比べると光熱費が半分以下に抑えられたので、家計的に助かっています。おかげで、家族みんなストレスなく過ごせていますよ。

30代前半 女性

子供の健康のために、健康住宅の購入に踏み切りました。うちの子は、アトピーがひどかったですが、健康住宅で生活し始めたらすっかり良くなったのでホッとしました。今では、家の中でのびのびと遊べています。

広告募集中